名古屋・愛知・岐阜・三重で、住宅解体・解体工事をお考えならBrain Forestにお任せください!

株式会社ブレインフォレスト

  • 見積無料!相談無料!/メールでのお問い合わせ
  • 0120-525-161

    【営業時間 9:00~18:00 日・祝日休み】

ブログ

2019/11/26

ブレインフォレストの解体工事とは3

名古屋・愛知・岐阜・三重で、住宅解体・解体工事をお考えの方はBrain Forestにお任せください!
Brain Forestでは、住宅解体にかぎらず、空き家の解体から、産業廃棄物の処理、店舗解体、不用品回収まで、解体工事に関わるあらゆる施工をおこなっています。

対応エリアは、愛知・名古屋市を中心に、その他東海三県、岐阜、三重のどこへでもスピーディーにご対応いたします。
〝お客様目線〟と“お客様主義”を徹底的にこだわっているため、工事の開始前の現地調査・近隣挨拶、工事開始後の施工管理、工事終了後のアフターメンテナンス等、これらすべてにおいて「最高の解体工事」をご提供いたします!

“解体工事のプロ”として、お客様が解体工事お困りの時はブレインフォレストにお任せください!

毎度おなじみ愛知県春日井市の解体工事業者、ブレインフォレストです!名古屋市圏を中心に住宅家屋解体・不用品回収・危険家屋の処理や、外構工事・産業廃棄物処理なんでもござれ!無料お見積りも承っております!

 

前回までは事前の下準備の大切さやアスベストなどの有害物質の危険性についてお話しておりました。

今回からは基本的な流れについてご説明差し上げたいと思います。

 

さて、解体工事となりますとやはりおおくの方がイメージするのは重機でいきなり解体を始めるような光景だと思います。

もちろんほとんどのケースで重機を使うことはありますが、大半の場合は最終局面での使用にとどまります。というのもやはり日本の住宅というのは住宅街などの密集地域にあるものですから、いきなりドカンとやってしまいますと周辺の建物への損害にもつながります。

また、周辺にも騒音や粉塵などの問題が発生しますので、やはり周辺の住民の方々へのご理解を頂く必要があります。

ですので、周辺住民の方々への挨拶回りをまず率先して行います。そして、一通りご挨拶と説明を差し上げて、解体工事に当たります。

解体工事にあたって、まずは内装の解体を「手作業で」実施していきます。有害物質が内装に含まれる場合もあります。また、照明などの設備には有害な物質やガラス片などの危険な瓦礫などが発生するものがありますのでこれも事前に取り除いて置かなければならないわけです。

 

そうして内装を解体してからはじめて重機などを使用するわけですが、それでも住宅の密集の程度によっては外装なども手作業での解体を実施する場合がございます。

 

なおこの際に、地下埋設物(貯水槽・沈殿槽)なども撤去いたしますが、この撤去費用は事前のお見積りで含まれている金額ですので特にお客様ご自身がお気になさることはございません。

 

そうして解体して多くの瓦礫が発生するわけですが、これは後ほどご説明申し上げますが、法令に基づきリサイクルしなければなりません。

瓦礫も撤去して終わりかと言うとまだやることがあります。そう、整地ですね。

解体直後ですとやはり土地がデコボコしていてとてもじゃありませんがすぐに使える状態ではありませんし、土地を売買する場合に整地されていないとそれだけで相場よりも価格が下がってしまいます。

というわけで弊社が責任を持って整地してお客様にお渡しいたします。このようにアフターケアまで行うのが弊社のウリでもあります。

前の記事 :
次の記事 :

一覧に戻る

資料請求&お問い合わせ
まずはお気軽にお問い合わせください
0120-525-161
お問い合わせへ

営業時間 9:00~18:00 日・祝日休み