名古屋・愛知・岐阜・三重で、住宅解体・解体工事をお考えならBrain Forestにお任せください!

株式会社ブレインフォレスト

  • 見積無料!相談無料!/メールでのお問い合わせ
  • 0120-525-161

    【営業時間 9:00~18:00 日・祝日休み】

ブログ

2019/12/09

ブレインフォレストの解体工事とは5

名古屋・愛知・岐阜・三重で、住宅解体・解体工事をお考えの方はBrain Forestにお任せください!
Brain Forestでは、住宅解体にかぎらず、空き家の解体から、産業廃棄物の処理、店舗解体、不用品回収まで、解体工事に関わるあらゆる施工をおこなっています。

対応エリアは、愛知・名古屋市を中心に、その他東海三県、岐阜、三重のどこへでもスピーディーにご対応いたします。
〝お客様目線〟と“お客様主義”を徹底的にこだわっているため、工事の開始前の現地調査・近隣挨拶、工事開始後の施工管理、工事終了後のアフターメンテナンス等、これらすべてにおいて「最高の解体工事」をご提供いたします!

“解体工事のプロ”として、お客様が解体工事お困りの時はブレインフォレストにお任せください!

毎度おなじみ愛知県春日井市の解体工事業者、ブレインフォレストです!名古屋市圏を中心に住宅家屋解体・不用品回収・危険家屋の処理や、外構工事・産業廃棄物処理なんでもござれ!無料お見積りも承っております!

 

解体工事でやはり不安なのは解体した後だと思います。解体後必要になってくるのは土地の処理についてです。

家屋を解体したあとの土地は税制面でも扱いが代わってきます。例えば固定資産税の税率も家屋解体後ですと高くなってしまいます。そのため登記をすると支払う出費が増えてしまうのですが、登記変更をしないとその土地に文書上いつまでも建物があることになってしまい、ややもすると脱税の容疑までかけられてしまいます。そうなってしまうと結果としてケチった分以上取られてしまいますので税金に関しては正直に手続きしたほうがいいでしょう。

 

というわけで今回は解体に伴う手続きについて解説していきます。

解体工事において事前に必要な手続きですがまず一番最初にやるべきことはライフラインの遮断です。

これをやっておかないと、ガスが解体工事現場にブシャーっとなってしまうので大変です。

きちんとストップして置かなければなりません。

ちなみに重要なことですが、水道はストップしないようにしてください。

水は解体工事に必要ですので、水道の遮断は解体工事が終わった後にしておいてください。

 

また、これも大事なのですが、前回紹介した建設リサイクル法は事前届出が必要です。

通常解体業者(弊社も含まれます)が代行することになりますが基本的には法律上家主(依頼主様)が届け出する義務があります。こちらは解体工事開始の1~2週間前までには届け出をして置かなければなりませんのでご注意ください。

 

また、手続きではありませんが、もちろん内部の家具や電化製品などは処分・撤去はしておきましょう。一緒に解体することはできません。ご自身の責任で撤去をお願いします。

 

それから浄化槽を設置しているご家庭はその汲み取りも済ませておいてください。

こちらは解体業者は行っていないサービスなので別の業者にご依頼お願いいたします。

汲み取りが行われていない場合、解体工事ができません。

市町村で対応している場合がありますので役所へのお問い合わせをおすすめします。

汲み取りの費用ですがだいたい3万円くらいが相場のようです。

 

ということで以上が解体工事の基本的な流れと重要事項です。

その他ご不安などがございましたらお問い合わせの際にご質問くださいませ。

前の記事 :
次の記事 :

一覧に戻る

資料請求&お問い合わせ
まずはお気軽にお問い合わせください
0120-525-161
お問い合わせへ

営業時間 9:00~18:00 日・祝日休み